ヘルペスとは

ゾビラックスとバルトレックスならどちらがお得?

ヘルペスウイルスの種類と症状の現れ方

ヘルペスには、口唇ヘルペス、性器ヘルペス、水ぼうそう、帯状疱疹などがありますが、そもそもどういったものなのか確認してみましょう。

まず、ヒトに感染するヘルペスウイルスには以下のような8種類が存在します。

  • 単純ヘルペスウイルス1型
  • 単純ヘルペスウイルス2型
  • 水痘・帯状疱疹ウイルス
  • エプスタイン・バーウイルス
  • サイトメガロウイルス
  • ヒトヘルペスウイルス6
  • ヒトヘルペスウイルス7
  • ヒトヘルペスウイルス8

なかでも身近な口唇ヘルペスのウイルスである単純ヘルペス1型には、日本人の50%以上が感染していると言われています。また、性器ヘルペスを引き起こす単純ヘルペスウイルス2型には、およそ5%~10%の日本人が感染しているようです。

ヘルペスウイルスに感染しても、常に何らかの症状が出ているという事ではなく、疲れがたまったり体調が悪い状態が続くと神経がピリピリするような痛みを感じるようになり、次第に皮膚に水ぶくれの症状が現れ始めます。

水ぶくれができている間は痛がゆい状態が続き、次第に水ぶくれが破れてかさぶたに変化すると、大体1週間から2週間程度で症状が治まっていきます。

ヘルペスウイルスは、普段は神経内に遺伝子の形で残っており、それが何らかのきっかけによって活性化すると急激に数を増やして神経を伝って皮膚まで現れるようになります。

症状が発症しやすいのは、疲労が蓄積している時、ストレスが強くなってる時、生活リズムが乱れている時など、体が不調になりやすいタイミングが多いということから、感染している宿主の生命に危険が伴うと、新たな宿主に感染する為に症状として現れるとも言われています。

ヘルペス治療薬であるバルトレックスやゾビラックスは、ウイルスが増殖しようとしている時に服用することにより、有効成分のアシクロビルがウイルスの遺伝子内に取り込まれ、遺伝情報を壊すことによって、複製(増殖)を防ぐ働きがあります。

このウイルスがどのようなもので、どういうタイミングで発症するのかを理解すると、より適したタイミングで薬を使用出来るようになるのではないでしょうか。

MENU