かさぶたが取れたらひとまず沈静化

ゾビラックスとバルトレックスならどちらがお得?

ただし完全に乾ききるまで油断禁物

口唇ヘルペスは、かさぶたになると、もう他人にうつる心配は無いみたいです。確かに、イメージとしても、傷口のジュクジュクが治まって、乾燥してかさぶたになったら、もう大丈夫な感じが個人的にもします。

しかし、口唇ヘルペスの原因であるヘルペスウイルスは、私達が思っているよりもしぶといそうです。

そのため、かさぶたの段階になっても、不健康な生活をしていれば再発するし、かさぶたを取ってしまっても、同じリスクがあるみたいです。

かさぶたって、結構剥がしたくなりますが、口唇ヘルペスの場合は取らない方が良いんですね。では、口唇ヘルペスのかさぶたが取れたら、どうすれば良いのでしょうか?

とりあえず、かさぶたが取れても、下の皮膚が綺麗に乾燥していた場合は、何もしなくて良いみたいです。もう完全に治っていますから。しかし、傷口がジュクジュクしていて、血や汁が出ている場合は、気を付けるべきみたいです。

なぜなら、そのジュクジュクの中に、ヘルペスウイルスはまだ生存しているからです。そのため、小まめに綺麗に傷口を拭ったり、多少沁みますがそこに口唇ヘルペス用の軟膏を塗ったりするのが安全とのことでした。

口唇ヘルペスは、完全に治るまで地味に面倒なんですね。

MENU