シプラ社とは

ゾビラックスとバルトレックスならどちらがお得?

ジェネリックの筆頭格メーカー

バルトレックスのジェネリックであるバルシビルを製造している製薬ブランドであるシプラ社は、インドのマハーラーシュトラ州ムンバイに本拠地を置く製薬会社です。

設立は、1935年で従業員総数は16,000人以上という規模です。

インド国内外からジェネリックの筆頭格メーカーとして知名度があり、AGA治療薬であるフィナステリド製剤を始め、ED治療薬のレビトラジェネリックなど、様々なジェネリックの製造販売を手がけています。

他にもHIV治療薬のジェネリックなども有り、貧困層の多いインドにおいても購入しやすい価格の薬が多く存在するのがシプラ社の強みです。

中には、先発医薬品の特許が失効していない医薬品でもシプラ社ではジェネリックとして販売されているものも有り、それらは、個人輸入という形での入手が可能です。

取り扱っている製品は、処方薬、一般医薬品を始めとして、抗生物質や抗HIV薬、動物用ヘルスケア用品など多岐にわたり、北米、南米、アジアやヨーロッパ、中東、アフリカなど、世界中の地域150カ国以上に輸出しています。

薬価が安い事は貧困層の多い地域で医療活動を行っている国境なき医師団の活動の支えともなっている為、医師団はジェネリックを支持しているというのは容易に想像出来る事です。
また、シプラ社も医師団の活動を支持しており、患者一人に対して年間で350ドルの支援を申し出ているとの事です。

シプラ社のジェネリックは、利用者の経済的負担を抑えてた薬が多く、その一つであるバルシビルもヘルペス治療の手段として検討してみてはいかがでしょうか。

MENU